961 & 987

空冷 英二気筒 & 水冷 独六気筒

周防大島へ

寒波で平野でも雪がちらつきましたが、今日は天気もよさそうということで一路周防大島へ。さていったい何十年ぶりだろう?

 

まずはGENさんに倣って、岩国市地方卸売市場の「JUICE STAND Vegetrip」へ

JUICE STAND Vegetrip|岩国のコードプレスジュースショップ ベジトリップ

f:id:kouheibasi:20180114203241j:plain

繁盛店らしくスイーツ系が人気のようですが、「本日のスープ」と「丸ごとトマトスープ」を頂きました。鰹だしの温ったかスープでほっこり。美味しゅうございます。

 

防大橋までは島々を見渡せる気持ちのよい海岸線を走り、「道の駅サザンセトとうわ」で、すっかり恒例になった島の新鮮なみかんを調達。そしてここにある干潮時のみ歩いて渡れるという「新宮島」へ。海風は冷たかったですが、持参のお弁当を頂きました。

干潮時にだけ現れる、島と島をつなぐ神秘の道/真宮島(山口県周防大島町) | 瀬戸内Finder

f:id:kouheibasi:20180114203351j:plain

 

この後、四国側まで走り陸奥記念館へ。

恥ずかしながら・・・昭和18年にここのすぐ沖で謎の爆発により沈没したことは知りませんでした。戦後、鎮魂の意味も込めサルベージが行われたそうです。

記念館には陸奥の歴史と遺品が展示され、お隣の沈んだ沖を望む岬には引き上げられた船体の一部と慰霊碑があります。朽ちていく「鉄」の重厚な存在感に往時の歴史を考えさせられます。

f:id:kouheibasi:20180114203453j:plain

 

帰りは「Vegetrip」で知った「瀬戸内 jam's garden & farm」へ。

瀬戸内ジャムズガーデン - 瀬戸内の島の手作りジャム・マーマレード専門店

動画詳細|NHK地域づくりアーカイブス

動画詳細|NHK地域づくりアーカイブス

f:id:kouheibasi:20180114203645j:plain

左のジャム売り場では何種類も試食できるので、お土産選びに困りません。美祢特産の栗とかぼすの酸味がおいしいやつにしました。右の広いカフェも落ち着ける雰囲気で、選べるジャムと豆腐プリンと温ったかママレードを。

f:id:kouheibasi:20180114203740j:plain

地産地消や材料に拘ったというコンセプトの店は多いですが、ここは実際のその味に納得できるとこが良いと思います。

ごちそうさまでした!

 

ところで、実は一昨日大島大橋の下を通る送水菅の破断とかで全島断水の状況で、各所のトイレは給水車の汲み置きのバケツの水で用を足すということになってました。インフラは大事ですね。

 

島の海岸沿い北側を走ったわけですが、まぁまぁ交通量も少なくなかなかの快走路でした。Nortonが復活した暁にはぜひともバイクで来たいものです。

そういえば、大好物の「広域農道」の看板を見かけたので調べてみるとなんと全長40km級の大物があるじゃん!

曇っていても美しい♪『みかんの島』ならではのオレンジな絶景ロード!/大島オレンジロード(山口県大島郡) | 瀬戸内Finder

 

最後に・・・

またまた悲報です(泣)

先日の鞆の浦へのドライブ時、あれ??今ぴしっ!ていったなと思ったら右ピラー際に飛び石を喰らっちまったようで・・・。困ったなとお世話になっている船入のWINCARSに入庫。KOZOさんいわくフロントウィンドウの周囲10cmくらいの場合、振動でヒビが広がりリペアではきかず「交換」ですと。免責はあるけど車両保険つけてたのが不幸中の幸いと思うしかないすね。代車はそこのレンタカーでもあるハンガリー製の外車でございますw

f:id:kouheibasi:20180114204304j:plain

初しまなみ海道

f:id:kouheibasi:20180107194249j:plain

 なんとか晴れ間も確保できそうという予報の中、大島の亀老山展望公園へ一路

フェリーしか交通手段がなかった中学2・3年を過ごした因島(当時は因島市)も過ぎ、今治上陸一歩手前の大島へ

薄曇りではありますが、四国が一望できるこの展望台は絶景ですね

 来島海峡の渦潮が刻々と姿を変えるのが見てとれます

 

f:id:kouheibasi:20180107194347j:plain

 その渦を巻く海峡の東側に、なんかちっこいのがたくさん群れてるなぁとよく見るとどうもウインドサーフィンの競技会の様子

 

f:id:kouheibasi:20180107194824j:plain

道の駅を二つハシゴしてみかんをゲットし、最後は大三島の有名な「おおやまづみじんじゃ」へ

境内も建物も神木も立派で、広く静かな空間がいいですね

 

サイクリングやバイクの方も多く走っておられましたよ

自動車からとは違って橋上から直接眺める多島美な景色は最高でしょうね

ノートンが直ったら今度は中学生以来の土生や三庄へも訪れてみたいな

f:id:kouheibasi:20180107194548j:plain

初錦帯橋

年の瀬のまさかの「立ちゴケ」でクラッチ操作ができないノートンコマンドですが、つらつら考えるに動かせない訳ではないじゃんとばかり、半クラを駆使してギア固定(どうも2速)で町の回りをくるくるすることに

バッテリーは庭先にコードを這わして補充充電済なのでセルは元気だけど、しばらく間が空いたので始動するには時間がかかり少し焦ります

鼓動感が嬉しくて都合六周くらいしたのかな?Nランプがちらつくもののギアが抜けることもなく暖気&4千回転くらいまでは回せたので少し気分を味わえました(笑)

 

そうこうするうちに曇り予報だったけど晴れ間が広がってきたど!

しかも山口方面は晴予報だということで錦帯橋へでも987でいってみるべか

(う~ん、既視感はあるのだけれど、子供の頃の記憶を辿ってもどうも訪れた記憶が無いので多分初)

f:id:kouheibasi:20180103202543j:plain

下から見るとなかなかですね

f:id:kouheibasi:20180103203709j:plain

f:id:kouheibasi:20180103201304j:plain

広い河原には「FJ同好会(?)」の面々のディスプレイがお出迎え

 

f:id:kouheibasi:20180103201418j:plain

名物、鵜飼いの飼育小屋がきれいに整備されています

 

f:id:kouheibasi:20180103201500j:plain

時分時に美味しいらしい「半月庵」でと思ったら正月休業だったので、昭和感満載のここに

https://tabelog.com/yamaguchi/A3506/A350601/35003955/

名物の岩国寿司は結構なボリュームでこれが二片なので " 一つで充分ですョ "

初野呂山

皆さま今年もよろしくお願いします!

明けて二日目の朝はお屠蘇も我慢して、987では初の野呂山

f:id:kouheibasi:20180102152527j:plain

 

広島市内はもう逓信病院辺りから左車線が延々と渋滞してて、何なんだろう?と思ったらズラリと駐車場へと続いていて、多分初売り・福袋目当ての列ですかね。お勤めご苦労様です…つかバスで来たほうが絶対いいっですって!

 

野呂山ロッジには車もチラホラ居ましたが、いつも屯しているバイクは女性ライダーお一人のみ

f:id:kouheibasi:20180102150018j:plain

 

いつも何気なく通ってる眺めの良い橋は、もみじ橋と言うんですね

下から見たら凄そうです

f:id:kouheibasi:20180102150535j:plain

 

あ、年末仕入れた耳よりな福袋情報!@三越1/4

最新の981ターボFLAT4ですぜ

しかし、このコピーも隔世の感がありますね

だって百恵ちゃんがNHKの音楽番組で、" 真っ赤なクルマ " と言い換えて歌わされたのはもう何年前のお話でしたっけか?

f:id:kouheibasi:20180102151945j:plain

同窓ドライブ≠ツーリング

前にいうたよーに広島生まれじゃけど過ごしたんは牛田中学1年までなんよ。

 

あの時代、親の転勤に家族が一緒についていくのは普通だったから2・3年は因島、高校3年間は三原、学生時代の帰省先は尾道と備後地区を転々とし、やっと牛田の実家に親たちが戻ってからは、今度は自分が仕事で各地を転々としたので帰省以外で広島に戻り住んだのは介護で戻った4年前のこと。

 

だから「行方知れずの人」は「同窓会」にはまずお声がかからないんです。それがFBの繋がりから、今月始めに卒業以来の初めて昭和51年卒同窓会に参加することに。

 

まぁ、はっきりいって少数の仲の良かった人しか顔も名前も全くわかからんのですが、よくラジコン飛行機を飛ばしに行くのにCB350のタンデムに乗っけてもらい一緒に遊んでた同級生の近況を聞くと、お兄さんの遺品の1975年式(!)ハーレーをレストアして動態保存してるという。当時初めて聞いたエグゾースト音に痺れたのを懐かしく思い出します。そこで単身赴任の彼が帰省時には、ぜひ一緒にって話の運びになりました。

 

当日は広島空港近くで落ち合い、「フライロード」の快走路沿いの旧車の展示数が半端ないという「フジカーズジャパン広島店」へ。

http://www.fujicars.jp/shop/hiroshima/hiroshima.html

 

お得意らしいキャンピングカーやら内外の旧車やらが巨大なガレージ(2500坪!)の中にところ狭しと数百台!壮観ですは。

f:id:kouheibasi:20171228223013j:plain

お、ハマーの真似っこ!と思ったら本家同様、もとは自衛隊用だそうですは。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/トヨタ・メガクルーザー

 

入り口はケータハム祭りで他にもたんまり!

f:id:kouheibasi:20171229204052j:plain

f:id:kouheibasi:20171229204150j:plain

f:id:kouheibasi:20171229204341j:plain

懐かしい昭和の香りが漂ってますね。

 

その後、Rosso Alfa さんに教わって以来嵌まった世羅の広域農道の途中の「グリーンランド弘楽園」へ。気になってたんです。

http://sera-korakuen.com

山頂を大きく切り開いてあり、広大で眺望も素晴らしいモトクロスやカートの聖地です(入園料500円・コース使用料別)

f:id:kouheibasi:20171228223400j:plain

全日本選手権とか開催されるときは賑わうんでしょうが、当日は練習している一台のみでいかにも師走のコースって感じですかね。

 

次は、東西南北に走るその広域農道を抜けて世羅の道の駅へ。

http://seranan.jp/road-side-station/

家人の指令により地元新鮮野菜をたんまり買い込んでたら、さすが駅伝の町ですね。レジ後ろに有名選手のシューズがずらりとディスプレイされてましたよ。

f:id:kouheibasi:20171228232931j:plain

時分時になったので、フジカーズジャパン近くに戻っておいしい蕎麦でお昼を。

https://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340303/34014575/

 

その後、やはりハーレー乗りだという同級生んちのガレージに寄って「三拍子」を聴いたり、卒業アルバムを見ながら互いの姿の劣化ぶりを茶化しながらコーヒーをいただいたりと、卒業以来なのに懐かしい感じで違和感がないのは、利害関係と無縁の同じ時間を共有してたからでしょうね。今となっては貴重です。

 

最後に・・・

なんで1975年製ハーレーとのツーリングでなく987でのドライブだったかと言うと・・・

f:id:kouheibasi:20171229000654j:plain

悲報です。

前々日のこと、ちょっと走ろうと思って自宅前の道の傾斜でまさかの fall when standing...

久々に頭の中が真っ白に・・・部品が来るまで乗れまへんねん・・・

 

数年前、KTM200dukeで三滝に行ったとき、一日三回の大記録を打ち立てた私はもう立ちゴケは克服したと過信してたし、事実重心の低かったDucati Scramblerでは一度も無かったのですが、重量級かつ微妙に重心の高いこいつはまだ押し引きも不自由なのは事実。まぁ慣れあるのみですよ!と自分を励ましてみる。

 

ということで皆さんよいお年を!