961 & 987

空冷 英二気筒 & 水冷 独六気筒

「映像詩 里山 命めぐる水辺」

・今晩4/3(土)NHK総合21:00~21:45放映予定

養老猛司ファンとしては、彼が最近力説する「里山の手入」KWには反応してしまう。

--

「ヨシノボリと漁師との出会い。花火を見るカエル(!?) 大迫力のコイの産卵など。心のふるさとの風景を描いた珠玉の映像詩」だそうな。

 

 ~田んぼ、小川、雑木林・・・。人と自然が共にくらしてきた「里山」「里地」は、身近で、なつかしい、そしてかけがえのない日本の自然。~

 舞台は滋賀県北部。琵琶湖に近い集落では、家の中に湧き水を取り入れた、「カバタ」と呼ばれる独特のしくみが今も残り、人々は、湧き水を日々の生活に利用している。人が使った水の流れは、魚やトンボ、カエル、水鳥など、多くの生きものを育みながら、湖へと下る。

 湖畔には豊かなヨシ原が広がり、コイやフナなど、多くの魚たちが産卵のために集まってくる。その魚を狙って、昔ながらの木の舟を使った伝統漁が営まれている。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/...

の画像